モーラステープの注意事項

モーラステープの注意事項

モーラステープ+日光=炎症(見た目はかぶれた感じ)

 

ぎっくり腰から肩こりまで、接骨院や病院でモーラステープが処方されることは多いと思います。
やまのて整体に来られる方でも、モーラステープを貼ったまま来られる方も多いです。
皆さん、処方されれば当然痛い箇所に貼られるのですが、必ず気を付けてほしいことがあります。

 

モーラステープの薬効成分には、日光にものすごく弱くなる成分が入っています。

 

はがした直後どころか2週間ぐらいは貼った個所は日光に気を付けてください。

 

貼っている箇所の痛みや炎症を抑える効能がある代わりに、日光に弱いという副作用があります。是非覚えておいてください!

 

病院や接骨院ではかなりきちんと説明を1回は受けているはずです。ですが、余っているモーラステープを久しぶりに使ったりすると、完全に説明を忘れている方がいらっしゃいます。

 

そのかぶれ、皮膚に合わないんじゃなくって、日光とのダメな方のコラボになってるんですって!

 

真夏日どころか40度すら見えてきた暑い季節です。薄着になるときに覚えていただけると嬉しいです。

 

湿布に関係ある、ぎっくり腰のケアの「冷やす」という記事もお読みください

日祝日営業しております
やまのて整体
ご予約はお電話でお願いします
052(769)7255

 

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。
木曜定休
名古屋市名東区山の手1丁目801
駐車場2台分ございます

page top