慢性腰痛と多裂筋

慢性腰痛と多裂筋

腰痛説明多裂筋

 

腰痛の中でも、慢性的な腰痛によく該当する多裂筋の説明です。

 

骨同士を安定させる事のほうがメインの動きになるんですが、背骨の伸びる動きの手伝いなんかもします。

 

慢性的な腰痛の方は、多裂筋が固くなっており、前屈などの動きを邪魔したり、背伸びもできなくなってしまいます。

 

腰の骨のを深層の奥のほうでがっちりガードして、体を安定させてくれているんですね。

 

固めるのがメインと言った通り、この筋肉のメインの目的は腰を安定させるためにがっちりとしています。
しかし、がっちりと固くなりすぎても、体が硬くなりすぎて痛みを伴う不調になったりするんですね。

 

お体の深層にまでがっちり固くなるとご自身のケアではなかなか改善が難しいです。

 

正しい姿勢が出来ていないと、一度痛めてしまった腰痛が放っておいて改善せず、慢性化してしまうのです。

 

日祝日営業しております
やまのて整体
ご予約はお電話でお願いします
052(769)7255

 

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。
木曜定休
名古屋市名東区山の手1丁目801
駐車場2台分ございます

 

 

 
page top