肘の辺りが痛い方

腕の筋がずっと痛い方、肘が痛い方へのお話

スポーツをやっている方にみられる事が多いのですが、手をついた際から肘のあたりがずっと痛い。ということがありませんか?

 

今回はそんな話です。
試に貼ってみた
転んだ際にてをついて、ひじ近くまで衝撃があったりすると、手首周辺を痛めることもあるのですが、肘周辺にも痛みが発生することがあります。

 

痛い時は、表側なのか内側なのか、むしろ中の筋が痛いのかというのは正直、痛いので全然わからないことが多いです。

 

本当に痛い個所は、触るとビーンとシゲキが走るほど痛みになったりします。

 

原因となっているのは、腱鞘炎などで名前を聞いたことがあるかもしれませんが、指から繋がっている「腱」だったりするかもしれません。

 

指から、肘までつながっている腱。野球やテニスなどでもきちんとミートポイントをとらえて打てていない場合、肘周辺までダメージが来ていることがあります。

 

指にダメージを残さないために、まずは手首。その手首で吸収できなかった衝撃を肘周辺の腱が支えて痛みにまで到達してしまう場合があるのです。

 

試に貼ってみた

 

そういった場合はその腱にそってしっかりと圧を加えて伸ばしたり緩めたりする必要があります。また、手首周辺も自覚や意識はないのかもしれませんが痛めていることが多く、一緒にケアしていく必要があることが多いです。

 

 

page top