足首より下が痛い

足首より下が痛い

足首より下が痛い

 

今回の症例は

 

右足の足首から下の外側が痛いという状態でした。

 

結論から言うと

 

同じ足の組み方が長く、ふくらはぎから同じ箇所が超長時間圧迫されて、足裏のアーチも崩れているために起きた状況でした。

 

ふくらはぎはつっているような状況でして、足首を回転させるような動きは全くできないような状況です。

 

そして、足のアーチが右足がなくなっているために、写真を見てもらいたいのですが靴下の市松模様がきれいにまっすぐにならないのです。

 

 

 

 

 

 

今回の足のアーチの弱い箇所は

 

右足の親指周辺の骨が上向きになってしまっている事です。

 

 

足首より下が痛い(2)

 

右側の外側に重心がかかりすぎているのが原因です。

 

 

 

股関節から、ふくらはぎ、今回は特に足の親指周辺の整体をメインに行っていきました。

 

足の骨は人間全体の4分の1ほどの関節があります。それだけ重要な動きと重さを分散する大切な箇所です。

 

 

 

 

体重をかけて常に生活(歩く)脚の痛みは、放置しておいて改善することはなかなかありません。セルフケアで何とかするのはかなり厳しい箇所なのです。
肩こりなんかでしたらストレッチ指導なんかはかなり効果がありますので、宿題でやってもらうだけでかなり効果あるんですが

 

痛くても歩く必要がある以上、足のトラブルはできる限り早急に行う必要があります。

 

 

 

がにまたの人は内側重心を意識しましょう

 

座りすぎの人は何も意識していないと、楽な歩き方をしていきますが、実際には楽な歩き方ではなく、負荷のかかる歩き方になっています。

 

そういった場合は、親指と人差し指の間、ビーチサンダルなどや下駄などの鼻緒をつかむような箇所を意識してあるいてもらうだけで改善するきっかけになります。
痛くなってしまってからでは、歩き方の改善だけでは絶対よくなりませんので

 

運動不足に足首回しの記事も一緒に読んでください!

 

日祝日営業しております
やまのて整体
ご予約はお電話でお願いします
052(769)7255

 

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。
木曜定休
名古屋市名東区山の手1丁目801
駐車場2台分ございます

 
page top